FC2ブログ

成人式を迎えた子のシンママが実感 ★低所得者に手厚い日本の子育て支援

こんにちは。しのくろです。

先日の1月11日は成人の日でしたね。

seijinshiki_couple.png

コロナ拡大の影響で緊急事態宣言が出された地域がある中、私たちの市では なんとか成人式が執り行われました。
といっても もちろん例年通りとはいかず、式時間の短縮、マスク着用、式後の会食などは禁止など 制限付きではありましたが、それでも開催していただけて私は良かったと思っています。

マスク着用の晴れ姿でも 嬉しそうに式場に出かけて行った娘を見送った時はとても嬉しかったですし、同時に親としての責任に一区切りついたな・・・としみじみ感じました。

娘が1歳の時に離婚し、就職に有利な資格も実績もない私が 本当にこの先一人で、この子を育てていけるのかと不安で仕方なかった日々が つい最近のように思い出されます。

こんな私でも なんとか娘を成人式に送り出してやることができたのは 子育てに関わってくれた身内や周囲の方々の協力と行政による支援のおかげだと思っています。

日本では低所得であっても 子どもを育てていける支援がたくさんありますので 今回 ざっと列挙してみたいと思います。

子が成人するまでに受けることができる国・自治体による支援 (各支援、所得制限が有ります)令和3年1月現在



子が0~18歳までの支援

●児童手当
次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とした子育て支援で、中学校卒業までの児童を養育している保護者に支給されます。

支給額
児童の年齢 児童手当の額(一人あたり月額)

●3歳未満一律15,000円
●3歳以上
 小学校修了前  10,000円
(第3子以降は15,000円)
 中学生一律10,000円


●児童扶養手当
母子家庭の生活の安定と自立を促進するために 18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童を監護している母、または母に代わって児童を養育している人(児童と同居・監護し、生計を同じくしていること)が受給できる手当です。

年に1回、役所へ現況と所得状況を届ける必要があります。

●ひとり親家庭医療費助成
入院・外来の保険診療費の助成
(各地方自治体により 助成内容が異なるため、助成の対象者や助成内容は 役所に確認ください。)

子が就学前の時の支援

●幼児教育・保育の無償化
令和元年10月から0~3歳児の幼稚園、認可保育所等の利用料が無償になりました。
0~2歳児は住民税非課税世帯のみ対象です。

子が小学生の時の支援

●就学援助
学用品費、修学旅行費、給食費、野外活動費 など義務教育を受けるのに必要な費用を市町村よりサポートしてもらえます。(※1)

●学童保育
民間の学童保育は所得により保育料の減額措置をとっている自治体もあるようです。
詳しくは各市町村に確認する必要があります。

子が中学生の時の支援

●就学援助
(※1)と同じです。

子が高校生の時の支援

●公立高等学校 授業料無償化
年収910万円未満世帯であれば授業料が無償です。
授業料以外の教育費である教科書代や学用品費、修学旅行代などは費用がかかりますが、生活保護世帯、非課税世帯はこれらの費用の修学支援を受けることができます。

また私立高校においても年収910万円未満の世帯であれば授業料の支援を受けれます。
さらに年収590万円未満の世帯は令和2年4月から支援額が引き上げられ、実質 授業料無償化がスタートしました。

子が大学、短大、高等専門学校、専門学校生の時の支援

●高等教育の無償化
令和2年4月から意欲のある子どもたちの進学を支援するため、「授業料、入学金の免除または減額」と「給付型奨学金」の制度がスタートしました。
高額な高等教育費を支援してもらえる 大変ありがたい制度です。
意欲があっても費用面で進学を断念せざるをえないということが大幅に縮小されそうです。

この支援制度には令和元年に10%に引き上げられた消費税の一部が充てられています。支援制度を利用している学生は自分が国民全体で支援してもらっていることを肝に銘じて勉学に励む義務があると私は思っています。

その他

「寡婦」や「ひとり親」に該当する人は一定の金額の所得控除を受けることができるため 税金面で優遇されます。

●寡婦控除 控除額 27万円

寡婦とは
原則としてその年の12月31日の現況で、いわゆる「ひとり親」に該当せず、次のいずれかに当てはまる人です。納税者と事実上婚姻関係と同様の事情にあると認められる一定の人がいる場合は対象となりません。

1.夫と離婚した後 婚姻をしておらず扶養親族がいる人で所得金額が500万円以下の人
2.夫と死別した後 婚姻をしていない人、又は夫の死別が明らかでない一定の人で所得金額が500万円以下の人
国税庁ホームページより引用


令和元年以前は「特別の寡婦」という区分がありましたが 令和2年度以後は「寡婦」のみの区分になっています。

●ひとり親控除 控除額 35万円

ひとり親とは、原則としてその年の12月31日の現況で、婚姻をしていないこと又は配偶者の生死の明らかでない一定の人のうち、次の三つの要件の全てに当てはまる人です。

(1) その人と事実上婚姻関係と同様の事情にあると認められる一定の人がいないこと。
(2) 生計を一にする子がいること。
 この場合の子は、その年分の総所得金額等が48万円以下で、他の人の同一生計配偶者や扶養親族になっていない人に限られます。
(3) 合計所得金額が500万円以下であること。
国税庁ホームページより引用



まとめ


いかがでしたでしょうか?
私が知っている制度を列挙させていただきましたので、見落としている支援が他にもあるかもしれませんが、このように日本では 子どもを育てるために 様々な支援が用意されています。

私も、シンママになりたての頃は金銭的にとても厳しく 住民税非課税世帯だったこともありました。当時は不安で押しつぶされそうな日々でしたが、娘が成人できた今、その不安も杞憂だったかなと思います。

もちろん、世の中は常に変化していますので、絶対的な安心というのはありませんし、ひとりで子育ては 本当に大変ですが、しんどさを抱え込まず、先行き不透明な今だからこそ、様々なサポートを利用して 無理せず頑張りましょうね。

私も 娘が大学卒業まで あと2年、なんとか頑張りたいと思います。

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

シングルマザーの「仕事に有利な資格取得」のすすめ

こんにちは。しのくろです。

先日、シンママの就労と収入について書かせていただきました。

いつの時代も「安定した雇用」というのは生きていく上で重要なことではありますが、会社に勤めている限り、それは絶対ではありません。
大企業でさえ業績次第で倒産だってあり得る時代です。
万が一に備えて自分の能力を磨くことこそが 世知辛い世の中を渡っていく唯一の手段であると思います。
そういう意味で、自分の価値を高めるためにも仕事に有利な資格を取得することはとても大切なことだと思います。

そうは言っても仕事と家事、育児をしながら勉強時間の確保は実際、なかなか難しいですよね。

私も資格取得にもがいていた時期がありました。
今もそれに変わりはないのですが・・・(笑)
今回は私の資格取得にまつわる迷走をご紹介しながら、今からでも遅くない仕事に有利な資格取得について記事にしてみたいと思います。



私がチャレンジした今からでも遅くない仕事に有利な資格


その①:宅建

私は仕事に有利な特筆すべき資格もありませんでしたが、シングルになってから 運よく あるメーカーの営業事務として正社員で採用していただけました。

営業事務は営業の補佐を主体とした事務作業が主な仕事になりますが、皆んなの仕事が円滑に進むように橋渡し的な役目もあり、調整能力とコミュニケーション能力が必要な仕事だと思います。

ただ、営業事務って絶対に必要な資格というのは特になくても とにかく一生懸命 頑張りさえすれば、大体は誰でもこなせる仕事でもあると思うのです。

私はこの点にずっと不安を感じていましたので、何かプラスアルファで仕事に有利な資格がとりたいなぁ・・・と常々考えていました。

たまたま、勤務先には不動産部がありましたので、「宅建」を勉強してみようかな・・・と思い立ちました。
なるべくお金をかけずに目指したいと思いましたので、ヤフオクでテキストを落札して 独学で勉強を始めました。

すき間時間を利用しての勉強でしたが、覚えることが山のようにあり、実際 なかなか思うようにはかどりませんでした。
なんとか受験はしてみましたが、残念ながら結果は不合格。(;_;)
まぁ、受験するには明らかに準備不足過ぎたので、当たり前の結果ではありましたが・・・

宅建の試験は年1回ということもあり、次の試験までボチボチ勉強したらいいかな・・・くらいに思っていましたが、時間があくと なんとなく やる気がしぼんでしまい、宅建の勉強も遠ざかってしまいました。

その②:運転免許

そうこうしているうちに、会社が「ワークシェアリング」を取り入れるということで、私を含む女性社員が時短で働くことになり、交代で早退しなければならなくなりました。

私は焦りました。
もしかしたら、どんどん仕事の時間を減らされて このまま会社に来なくてもいいと言われる日が来るかもしれない・・・
そう思うと心がざわつきました。

万が一に備えて、空いた時間でハローワークにも行ってみました。

いろんな求人情報を見ていると意外と「普通運転免許」が必要な求人をたくさん目にしました。
そう言われてみれば、私って運転免許すら 持ってないわ・・・
つくづく私って求められている資格を持ち合わせていない人間なんだと思い ますます焦ったのを覚えています。
「これはグズグズしている場合ではない!そうだ!この時短を利用して運転免許を取得しよう!」と決意をしたのです。

自動車教習所の費用は高額でしたが、自己投資だと思い割り切りました。
ラッキーなことに、たまたま教習所が受講料のキャンペーンをしており、通常料金より少し安く受講することができました。
これを逃す手はないと思い、即 申込しました。

がんばって教習所に通った甲斐があり、無事にオートマ車専用ではありますが普通運転免許を取得することができました。

その③:簿記2級

会社の時短勤務は続いていました。
より仕事に直結した資格取得がなんとしても欲しかった私は再度、「宅建」にチャレンジしようかと思いましたが、「宅建」は私にとっては なかなかハードルが高い上に、試験が年1回しかないので、もし またダメだったら 次は1年後になってしまうと思うと気持ちが前向きになりませんでした。

もう少し、易しい資格からチャレンジしてみようと思い、次に目指したのが簿記3級でした。
簿記3級は仕事に直結な資格の上、比較的簡単に取得可能だということを 色々な方から聞いていましたので、思い切ってそちらを狙ってみることにしたのです。

テキストはヤフオクではなく、ちゃんと本屋さんで買いました。
もちろん、独学です。(笑)

いざ、簿記の勉強してみると これがなかなか面白く、ちょっとハマってしまいました。

3級は無事クリアできました。
そこで より高みを目指して2級にチャレンジしてみることにしたのです。
2級は講習に通った方がいいと聞いていたのですが、運転免許取得でお金がかかっていますので、これ以上の負担はできず、独学で目指すことにしました。

さすが2級だけあって、だいぶ複雑ではありましたが、簿記の勉強自体が興味深いものでしたので、頑張れました。
1度は不合格でしたが、2回目の試験で2級も合格することができました!

その時は本当に嬉しかったです。
やっとこさ、履歴書に堂々と書ける資格を取得できた喜びもありましたし、こんな私でもやればできるという自信につながりました。

時短勤務はその後、解消され、通常どおりの勤務となりました。
時短勤務は私にとって精神的負担ではありましたが、結果的にはこの時短勤務があったから、勉強時間をとることができたのです。

その他の資格と まとめ

いかがでしたでしょうか?
私の資格取得にまつわる迷走ぶりが伝わりましたでしょうか?(笑)

取得した資格が今、仕事に活かされているかどうかと言われれば、残念ながら活かされていないと思います。
でも、ほんの少しだけ自信はつきました。

事務でお仕事をされるのでありましたら、他には「マイクロソフトオフィス スペシャリスト(MOS)」や「秘書検定」なんかも有利かと思います。

また、私がほったらかしにしてしまった「宅建」は まさに一生ものの資格だと思います。

私の知り合いで、お仕事を辞めてしまっても すぐに次の仕事を見つけてお仕事をされているアラフィフの方がいるのですが、聞くと宅建の免許を持っているそうです。

宅建免許、ものすごい威力です。

私ももう一度、チャレンジしてみようかな・・・(笑)

資格取得を目指すことで自分の知識も増えますし、合格すれば間違いなく自分への自信につながります。
勉強時間がなかなか 思うようにとれないかもしれませんが、ぜひとも自分の価値を高めるためにも資格取得をおすすめします。

長くなってしまいましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました~

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

シングルマザーの就職と就労収入について思う事

こんにちは。しのくろです。
先日、「日本のシングルマザーの貧困率が突出している」という記事を読みました。

日本のシングルマザーの貧困率が突出して高い理由

「経済大国」なのに… 日本は豊かな国だろうか。GDPで中国に抜かれたとはいえ、まだ世界3位。れっきとした「経済大国」である。


記事によると就業している81.8%のシングルマザーの平均年収は348万円だそうです。

えっ?平均年収348万?
そんなにあるんだ・・・と思ったのが第一印象。
まぁ、決して多い数字だとは思いませんが、特に貧困だとは思わないのですが・・・・。
少なくとも私の場合、これだけの年収があればかなり余裕のある生活ができる自信があります!(笑)

この数字はシングルマザーでも 中にはバリバリのキャリアウーマンで高収入の方もいらっしゃると思いますので、そういう一部の方たちも合わせての平均年収ではないのかなぁ。
私がそうだからというわけではありませんが、恐らく多くのシンママの年収はもっと少ないのではないかなぁと思っているのですが、どうでしょうか。

子育て等で いったん外でのお仕事を離れていた専業主婦の人がシンママになって新たに仕事を探しても 何か仕事に有利な資格や実績がないと かなり厳しいのが現実です。
なんとか就職できたとしても、最低賃金からのスタートになりワーキングプアに陥りがちです。

まさに私の場合がそうだったのですが、今回はなんの取り柄もなかった私の就活の経験を交えながらシンママの就労について思う事を記事にしてみました。



資格・実績のないシングルマザーの就活(私の場合)


シングルマザーになると、まず生活のために仕事を探さなくてはなりません。

前述のとおり、何か働くのに有利な資格や実績があれば就労も比較的スムーズだと思いますが、とくに何もないという場合は自分の希望する仕事につけるのも なかなか難しくなると思います。

私も 就職に有利な資格など何一つ持っていませんでした。
長く働ける職種を・・・と思い、事務職を希望していましたが、当時、パソコンの基礎知識すら よく分かっていない状態でしたので、ハローワークの方にすすめられてパソコンの講習を1か月半ほど受講しました。

ありがたいことに ハローワーク斡旋の講習でしたので、受講料はかかりませんでした。
まだ赤ちゃんだった娘を 頼み込んで母に預け、エクセル、ワード、インターネットといった仕事に必要な基本的なことを学ばせてもらいました。

ハローワークのパソコン講習の受講終了という実績だけを頼りに就職活動をし、やっと採用してもらえたのが事務職ではありましたが、パート雇用でした。

「保護者の就労」=保育所へ入所するための条件


本当は正社員で働きたかったのですが、娘を保育所に入れるためには親が就労していると優先されると聞いていましたので、なんとしても娘を保育所へ入れたかった私は こちらの会社で働かせていただくことにしました。

保育認定を受けられる条件として「保護者の求職活動中」も含まれるのですが、その時の私は親が就労している方がより 入所の緊急性があると判断されるのでは?と思っていましたので、就職を急いでいたこともあります。
実際、どうなのかは分かりませんが、本当に幸運なことに ありがたくも娘は保育認定を受けることができました。

自分の就職と娘の保育所への入所が決まるまでは先が見えず不安でしたが、なんとか私たち親子は母子家庭としての一歩を踏み出しました。

収入が一定しないパート勤務への不安


勤務先の会社は、家からも近かったですし、人間関係も良好でした。
仕事内容も気に入っていましたし、とくに忙しい部署というわけでもなく残業もほとんどありませんでしたので、環境的にはすごく良かったのですが、ただ一つ パート勤務ということだけが私にとってネックでした。

パートなので、当たり前ですが賃金は時給換算ですので、仕事が休みだと賃金は支払われません。

私は4月から働き始めたのですが、楽しいはずのゴールデンウィークも 私にとっては1円にもならない不利益な時間でしかなく ただただ恨めしく思いました。
毎月のお給料が一定ではないという不安定さが 働き始めて早くも私の不安材料になっていました。
このままだとお盆休みのある8月は、またお給料が少なくなるのか・・・と思っていた矢先、急に会社が移転することになったのです。
移転先は私が通うには、ちょっと不便な場所でした。
通うのにはかなり時間がかかり、保育所へのお迎えも難しそうでしたので、私は勤務3ヶ月にして 転職活動をするはめになってしまったのです。

正社員として働くことの安定感


せっかく仕事にも少し慣れてきていたのに、また一から就活しなければいけないという気持ちと、早く新しい仕事先を決めないと今の会社が移転してしまう・・・という焦りとで また先が見通せなくなくなり、不安でいっぱいでしたが、仕事をしながらの就活をがんばりました。
何社も不採用が続きましたが、やみくもに就活をした結果、2社、採用の通知をいただきました。

初めに採用の通知をいただいた会社はとてもよさそうな会社だったのですが、雇用形態がパート勤務で、この先どんなに頑張っても正社員としての採用はしないということでしたので、現在の状況と変わらないため、お返事するのを悩んでいました。

そんな時、もう1社から正社員としての採用の連絡があったのです。
その時の私は、もう本当に嬉しくて電話を切ったあと、跳びあがって喜んだのを覚えています。

それが、今の会社です。
とくに秀でた資格も実績もない私を雇用してくれたことが本当に嬉しかったです。

とっても小さな会社ですが、こちらの会社も家から近く、なにより長く働けそうな感じがしました。
実際、今もお世話になっていますので、長く働かせていただいてます。

正社員で雇用していただいても 新入社員のお給料は薄給です。
厳しい生活には変わりなかったのですが、それでも毎月のお給料が一定という絶対的な安心感は何にも代えがたいものがありました。
厚生年金も掛けてもらえ、私にとって正社員待遇は本当に夢のようでありがたかったのです。

まとめ


生活していく上で一番必要なことは「安定した収入」が大前提です。
そういった意味で正社員は たとえ収入が少なかったとしても、毎月同じ金額を得ることができますので、金銭的な計画が立てやすく、福利厚生も大きなメリットです。
シンママになると不安な気持ちに押しつぶされそうになる時もありますが、収入が安定していれば心も安定してきます。

シンママにとって正社員はベストな雇用形態かとは思いますが、たとえ正社員ではなくても、できるだけ正社員に近い待遇で長く働かせてもらえそうな職場を選ぶことが重要かと思います。
そしてお仕事を愚直にがんばりましょう。
たとえ入社時は正社員ではなくても、がんばりが認められて正社員にしてもらえるかもしれませんし、昇給だってあるかもしれません。

それでも、このご時世、正社員だからといって決して安定しているとは限りません。
会社の業績次第では、いつ、リストラされるかもわかりませんので、絶対はありませんが、それはシンママに限ったことではありません。

自分と家族を守るためにも、もし空いた時間があれば何か仕事に有利な資格取得のために勉強することをおすすめします。
それが役立つかどうかわかりませんが、資格取得することで、ちょっぴり自分への自信にもつながると思うのです。
シンママの皆さん、お互い がんばりましょう~

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


プロフィール

しのくろ

Author:しのくろ
大学生の娘がいるシングル歴長いアラフィフ母です。人生の荒波を乗り越えつつ、無理しない節約&貯蓄を楽しみながら コンパクトで潤いのある豊かな生活を目指しています。よろしくお願いします♪

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ