FC2ブログ

2019年度大学入試/関西の受験生の傾向

こんにちは。しのくろです。

先日の娘の卒業式で 知り合いのお母さんたちと少しお話もできました。
その際に聞いた話では、今年の関西圏内の大学受験では「摂神追桃」といわれる大学群の入試倍率が例年に比べて ものすごく高くなっていたそうです。
特に追手門学院大学は受験者が殺到していたようで、大変な倍率だったそうです。
2018年12月18日と昨年のものになりますが、産経新聞でも記事になっていたようですので、ご参考ください。

来春入試、関西受験生は安全志向か 「関関同立」は志願者減、「摂神追桃」は大幅増 河合塾分析

来春の関西地方の大学入試で、難関私大といわれる関西大、関学大、同志社、立命館大の「関関同立」の志願者が前年比91%と大きく減少していることが、大手予備校の河合塾…




原因はやはり「大学の入学定員厳格化」のため、合格しにくくなっているということから、ややレベルを下げてくる受験生が大勢いたためのようです。
この大学群を第一志望にしている受験生たちは大変だったのではないでしょうか?

下記に各大学の受験者数と合格者数のリンクを貼っておきましたので、ご興味のある方はご参考ください。

摂南大学
神戸学院大学
追手門大学
桃山学院大学

おそらく来年度の入試も同じような傾向になるのではないでしょうか?
2021年度から入試制度改革により大学入学共通テストが導入され、現行制度での入試が来年度で最後になるため、受験生たちは浪人を避ける傾向になると思われます。
そのため、必然的に志望校のランクを下げてくることが想像できるからです。

つい先走って来年度の入試の予想までしてしまいましたが、今まさに今年度の受験を戦っていらっしゃる受験生もいらっしゃることと思います。

自分を信じて最後まであきらめないで頑張ってください!
よい春をお迎えできることをお祈りしています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

公募推薦で大学合格したら、こうも勉強せんもんか・・・!?(怒)

こんにちは。しのくろです。
おこてますo(`ω´ )o
すみません、今日は愚痴らせてください・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

先日、センター試験が終わりましたね。
受験生の皆さん、お疲れ様でした。
冬休みの間も世間がクリスマスやお正月だと 浮かれている中、一生懸命勉強されてきたと思います。
受験のプレッシャーの中での勉強は大変だと思いますが、これまで頑張ってきたことは必ず自分の糧になると思います。
受験生たちのこれまでの頑張りに最大のエールを送りたいと思います!

それにひきかえ、公募推薦で年内に大学が決まった娘は、なんとまぁ、びっくりするくらい勉強に身が入っていません。
こうも変わるもんですかね・・・
本当に情けない・・・
間もなく学年末試験だというのに、友達とスマホでゲーム三昧ですよ!
それも際限なく、ずーーっとやってる。
まぁ、最終の学年末試験は試験科目も少ないし、欠点取らなければ卒業できると思っているのかもしれませんが・・
大学合格したら、あとの勉強はもういいんかい?!
こんなことなら、公募推薦、受験させるんじゃなかった・・と思うくらい、油断しまくりです。

なるほど・・・
推薦で早々と大学が決まってしまった人と一般入試を最後まで頑張った人たちと大学に入った時に実力に差があることがあると言われるのは、こういうことか・・・
娘を見てリアルに納得。
本当に遊びすぎ!
大学に入ってから、娘が周りとの実力の差に愕然とする様が今から目に浮かびます。(再び怒)
その時にやっと思い知ることでしょうーよ!

なんかね、一生懸命 大学費用貯めてきたから、よけい悲しい。
今日はすみませんでした。
こんな愚痴ブログ、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

娘の大学受験 公募推薦で終了しました

こんにちは。 しのくろです。

大学の公募推薦入試も後半戦となってきました。

看護学部希望の娘も10月の終わりから11月の半ばにかけて公募推薦を受験しておりましたが、先日、第一志望校に合格しましたので 晴れて娘の大学受験は終了することになりました。

とりあえず、私もホッとしています。

夏休み前までは、模試の結果も思わしくなく、どうなることかと思いましたが、結果、受験した大学、すべてに合格することができました。
娘は本当に頑張ったと思います。

今回は、私立大学の公募推薦を通して私が保護者として感じたことを記事にしてみました。

複数校を受験する場合は入学金の振込期限をチェックしておく


大学から合格通知書が届くと、封筒には一緒に入学金の振込用紙も同送されています。
振込期限は大学によって 異なりますが 早いところで通知が届いてから2週間後くらいまでに振込をしなければならない大学もあります。

他の大学も受験した場合、その大学の合格発表日が合格した大学の入学金振込期限日より後の場合、入学金は振り込んでおく必要があります。

娘の場合も、後から受験した大学の合否通知が届く日が、先に合格を頂いた大学の入学金振込期限日の1日前という時がありました。1日だけでも、入学金振込期限よりも前だったのでよかったですが、その時ばかりは私もさすがに落ち着きませんでした。

娘が頑張って受験して合格を勝ち取っているので、親としてお金のことで失敗はできません。
入学金の振込期限は、受験生の親は一番チェックすべきことだなぁ・・・と つくづく思いました。

英検などの資格取得をしておくことの重要さ


大学によっては英検などの資格取得をしていることで、試験の得点に加算されたり、調査書判定で優遇されたりと、メリットがたくさんあります。
英検の場合は2級以上を取得することで、入試に有利になる場合があります。

【英検と大学受験】2018年一般入試 外部検定利用一覧 私立大編|英ナビ!

大学入試においてますます脚光を浴びる英検(R)などを利用した英語外部検定利用入試(外検入試)。今回の入試で外検入試を採用する主な私立大学と、採用方法の最新情報をお届けします。



娘の第一志望の大学も英検2級を取得していれば英語の試験を80点に換算して合否判定を行うという外部試験利用制度を採用していました。
2級を取得していた娘にとっては実に有利であったと思います。

大学入試では、英語ははずせない科目だと認識しておりましたので、英検2級を取得することは、娘の目標でもありました。
高校生になって3級から受験し、コツコツを受験を続け、高2で準2級、高3で2級を取得することができましたので、英検をがんばってて本当によかったなぁ・・・と思っております。

2年後には大きく変わる大学入試制度でも、英語は民間の英語の外部試験が活用されるようで、英検もその外部試験に採用されています。
頑張って損はないと思います。
ぜひ、2級以上を目標に取得されることをおすすめします。

公募推薦で大学が決まっても勉強はずっと続けよう


公募推薦は年内で終了します。
推薦入試を利用して早くに大学が決まるということは喜ばしいことではありますが、安心しきって勉強を怠ってしまうと大学に入ってから痛い目に合う可能性があります。

一般入試やセンター試験を受験する受験生たちは、ずっと勉強を続けています。
大学に入ってから一般入試組との学力の差に歴然とすることのないよう、勉強は続けて頑張らなければいけません。

といっても、目標がなければ なんとなくやる気も出てこないと思います。

大学によっては、推薦合格者も一般入試を受験してもらい、そこで優秀な成績を修めた受験生に対して入学金免除などの優遇をされているところもあります。
また、英検や漢検などの資格取得に向けて勉強するのも おすすめかと思います。

高校での定期テストも、2学期末と学年末と あと2回も残っています。
気を抜かずに勉強を続けましょう。
きっと今以上に自分に自信が持てると思います。

娘も受験勉強で現国を勉強してきていましたので、せっかくなので漢検2級を受験する予定のようです。
ぜひとも頑張ってもらいたいと思っています。

まとめ


いかがでしたでしょうか?
公募推薦で大学に合格したからといって、親も子も浮かれてばかりはいられません。

特に保護者は、早い段階で入学金及び前期の学費といった大金を大学へ振り込まなければいけませんので、注意が必要です。
気がついたら、振込期限が過ぎてしまっていたなんてことのないよう、十分に気をつけなければいけません。
私も本当に忘れっぽいので、気をつけて早めに手続きに行こうと思っております。

最後になりましたが、 これからの入試に向けて、頑張っている受験生の皆さまがよい春を迎えることができますよう、お祈りしております。

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村



いよいよ大学の公募推薦が始まります

こんにちは。

アラフィフのせいか、最近とても疲れやすく、夜になると急激に眠気が襲ってきて なかなかブログを更新できずにいます。40代後半というのは こんなにも体力が落ちるものなんだと改めて実感している次第です・・・

さて 先日、「今どきの大学推薦入試の出願の流れについて」という記事を書かせていただきました。

この10月から公募推薦入試を行う大学が 続々とインターネット出願期間に入っていますので、受験生たちは現在手続きを進めていらっしゃると思います。

娘も既に何校か出願しておりまして その中で早いところでは10月に試験がある大学もありますので、本当にいよいよです。

今回は私たちのインターネット出願体験や 入試前の親としての心づもりなどについて書いてみようと思います。

初めてのインターネット出願


出願の入力作業は娘が行い、私が横で確認する・・・といったスタイルで一緒に進めていきました。
娘にとっても初めてのインターネット出願ですし、不備がないように2人で確認しながら進めた方がいいと思ったからです。
私が横で張り付いているなんて「ちょっと心配しすぎかな?」とも思いましたが、1人で行うより2人の目で見た方が、もし間違って入力していた場合、気づきやすいですし、特に受験料の確認は私もしたかったので そばで見守ることにしたのです。

初めは「インターネット出願って難しいのかな・・・?」などと考えておりましたが、画面の指示どおり進めていくだけで大丈夫なので、心配無用でした。
娘もサクサク進めていってました。
そばで見ながら「ネット環境がないと出願ができないとは、時代だなぁ~」とつくづく思いました。

入試前の親の心づもりについて


そうですね・・・私の場合、とくに何も特別なことはせず、いつも通りを心がけることですかね。
娘も口にはしませんが、入試が近づくにつれて多少 緊張してくると思いますし、できるだけプレッシャーを感じることのないように注意したいなぁと思っているので、普段と何もかわらない生活がいいのではないかな・・・・と。

昔、私たち世代の受験のころ、「受験に勝つ!」という意味のゲン担ぎで受験の前日の晩ご飯は 「かつ丼」といったようなことがあったと思いますが、今では あんまり聞きませんね(笑)

「かつ丼」はおいしくって私も大好きですが、意味を知らされた上で受験日前日のご飯だったら、今の子たちってどう感じるのかな?
「よし!がんばるぞ」と思ってくれればいいですが、逆にプレッシャーを感じる場合もあるかと思いますしね。

そう考えると、受験前の特別メニューってあんまり必要ないかなと思いますし、食事をはじめ、できるだけ いつもどおりの生活を心がけたいなと思うのです。

娘は公募推薦も複数校を受験しますし、もし公募推薦だけでなく一般入試も受験するとなると かなりの長期戦になるので、精神的にも 体力的にも だんだん疲弊くるだろうと思います。
できるだけ睡眠はとるようにすることと 普段どおりのリズムの生活をサポートしたいと思っています。

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

今どきの大学推薦入試の出願の流れについて

9月も後半になり、いよいよ私立大学の最初の公募推薦入試が近づいてきました。

だいたい11月に入ってから試験を行う大学が多いようですが、早いところでは、10月の終わり頃に行う大学もあります。

なので、出願は10月にはしなければいけません。
そう、来月なんです!
ひゃ~ はやい!
気がつけば こんな時期になっていた・・・という感じです。
いよいよ 私も心の準備とお金の準備をしなければ・・・・!

娘は初めての大学受験で慣れないこともありますので、出願が不備なくできるよう私も協力しなければいけないと思っています。
今回は、娘バージョンになりますが、私立大学の推薦入試の出願について まとめてみたいと思います。

指定校推薦


夏休みが終わって2学期が始まってから すぐに指定校推薦の募集がありました。
学校に来ている指定校推薦枠が掲示されますので、希望者はそれを見て募集期間内に申込みをするようです。

指定校推薦に応募するには各大学が設定している条件を満たしていなければなりません。
例えば「評定平均4.0以上」といったような成績に関することなどです。
一つの指定校推薦枠に応募者が多数いれば、校内選考で選出されることになります。

実は娘が希望している大学の学部も指定校推薦の枠があり、申し込みの条件もなんとかクリアしていたことから、娘はダメ元でエントリーしたのですが、校内選考の壁は高く、指定校推薦は叶いませんでした。

まぁ、ダメ元でしたので「次の公募推薦に向けて がんばろう!」と娘の切り替えは早かったです。

公募推薦に出願するにあたっての準備


1.各大学の入試要項を取り寄せる

各大学のホームページでも入試に関する情報は確認できますが、冊子の方が確認しやすいと思いましたので、インターネットで取り寄せました。
テレメールなどで大学のパンフレットを取り寄せると だいたい別冊で入試要項が入っています。
そこに今年度の入試に関することが掲載されていますので、じっくり確認する必要があります。

2.各大学の出願期間や試験日の確認をする

娘は学校から配布された受験予定表に 予定を書きこんでいるようですが、私も自分のスケジュール帳を拡大コピーして予定表をこっそり作りました。(笑)

娘が不備なく出願できるよう、私も 出願や受験に関する予定を把握しておきたいと思って作ってみたのですが、いかんせん、最近 年のせいか、どうも抜けていることが多く、予定表を作っても私の勘違いや思い込みから まちがいをやらかしはしないかと今から心配しています。

というのも、受験が1校なら ともかく 複数校となると 当然 出願期間だけでなく試験日も重なったりしてきますので、せっかく予定表に書き込んでも 予定表自体がなんか分かりづらく アラフィフの私は頭が混乱してくるのです。
我ながら かなりやばいですね・・・(笑) 
娘も気をつけていると思いますが、ダブルブッキングだけはしないよう一緒に確認しながらすすめていきたいと思っています。

3.インターネット出願

今どきの入試はどの大学も出願はインターネットでするようです。

インターネット出願は わざわざ願書を大学に取り寄せる必要がなく、出願期間内であればいつでも出願可能なことから、どこの大学でも取り入れているようですが、ネット環境がないと大学出願もできない時代なんだなぁ・・・と改めて自分の時代との違いを気づかされました。

♪インターネット出願の流れ♪

1.まずは出願に必要な書類の準備をする

出願自体はインターネットで行いますが、出願後、必要な書類を出願期間内に郵送しなければいけません。
主なものとして「推薦書」「調査書」「証明写真を貼った願書」といったものになりますが、「推薦書」「調査書」は高校に発行していただかないといけませんので、早めに学校に連絡して準備する必要があります。

2.大学のホームページからインターネット出願
インターネット出願の手順に沿って入力

3.ネット出願後、入学検定料を支払う
今どきはコンビニで検定料を支払うようです。
便利になりましたね~

4.必要書類を郵送
検定料を支払った後に願書を印刷できるようです。
この時に証明写真がいるようです。
この「願書」と「推薦書」「調査書」を大学指定サイズの市販の封筒に入れ、簡易書留速達で送ります。

各大学によって多少、違いはありますが、だいたいこういった内容の流れになっている大学が多いように思います。

しかし、大学によって細かいところで指定が違うこともあるかと思いますので、出願要項はよ~く確認する必要があります。

まとめ


娘はそんな特別に頭がよくて優秀だという訳でもありませんので、志望している大学も偏差値が高くて有名な大学とかではありませんが、「手に職」的なことで人気のある看護学部を志望していることから、どこの大学も倍率が高い傾向にあります。

そんな中、朗報もありました。

私立大学は学生募集人数を一定数超過して合格者を出した場合、文科省から助成金をカットされるということで、大学側は合格者数を絞っていることから今年も厳しい受験となりそうだと思っていましたが、先日、この措置を当面見送るというニュースがありました。

私大定員超過で助成金減額見送り 受験競争激化で - FNN.jpプライムオンライン

私立大学が入学定員を超過した場合、助成金を減額するとした罰則を2019年度から強化することを、文部科学省は、当面見送ることに決めた。  私立大学には、これまで入学定員を120%まで抑えれば助成金が交付



そうはいっても、大学が大幅に人数を超過して合格者を出すということは考えにくいので 厳しい入試には変わりはないと考えておく方が妥当かと思っています。

出願について不備がないよう 娘と確認しあいつつ、入試を見守っていけたらな・・・と思っています。

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

しのくろ

Author:しのくろ
大学生の娘がいるシングル歴長いアラフィフ母です。人生の荒波を乗り越えつつ、無理しない節約&貯蓄を楽しみながら コンパクトで潤いのある豊かな生活を目指しています。よろしくお願いします♪

カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
月別アーカイブ